無料ブログはココログ

« 美白の女王 | トップページ | 赤い砂漠の住人 »

2007年8月10日 (金)

将来性

Tillandsia_tectorum

          Tillandsia tectorum

植物の苗を選ぶときに重視することは、これからどう成長する

かという点です、でもTillandsiaは‘今’綺麗かどうかで選ぶべきです。

なぜなら生育が遅いからです。 きたない株を買ってしまうと

1~2年ずっとその姿を見なければならず、外観の理想と現実との

ギャップに最悪育てる興味を無くしてしまいます。

チランジアは将来より今が大切です。

が・・・この買ったばかりのTillandsia tectorum 葉が折れて目茶苦茶

ですが3つに分かれています、今はダメでも将来性はあるんです。

やればできる子なんです。 1年も育てるときっと・・・

tectorumは多くの変種に分類できるそうです、順次紹介します。

写真のT.tectorumは銀白色鱗片が密に付くロゼットの直径20

~30cmになる大型種です。

« 美白の女王 | トップページ | 赤い砂漠の住人 »

Tillandsia チランジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 将来性:

« 美白の女王 | トップページ | 赤い砂漠の住人 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック