無料ブログはココログ

« ローズマリーの丸刈り | トップページ | 茶の花 »

2007年10月11日 (木)

Den.aphyllum 花の香り2

Pierardii

          Dendrobium pierardii

はじめに言っておきます、このランの香りはヒドイです。

Dendrobium pierardiiと呼ばれていたランです。花は

とても綺麗なのですが・・・朝、部屋の中に異臭がこもって

います。 何故こんなにも美しいピエラルディーがもっと

栽培されないか(寒さにも強いし栽培もとても簡単)と言うと

香りと見た目のあまりにもの乖離にあると思います、

変な形のランが変な匂いでもいいんです、ただここまで

綺麗だとそのギャップが・・・。

でもそのにおいまでも受け入れさせてしまいそうな美しさ、

下垂する優美さ、枯れたようなバルブに咲く花の瑞々しさ・・・、

光に透けるその姿は、♪絵にも描けないうつくしさ~♪

なんです!。

最近、最低気温に気を配るのを忘れていました、

園芸家とくに蘭栽培家にとってあってはならない事です。

でも今年は8月の次に8月、そして9月が無くていきなり

10月の様な気温だったので、つい蘭を室内に入れる

タイミングを誤るところでした。

温暖化の影響か屋外で生育させる期間が長くなる

のは嬉しいのですが・・・そのうち日本でもこの蘭が

普通に藤のように庭木に着生させて花を咲かせる

ようになってしまいそうです、不幸なことに?

注(このランは寒さに強いと書きましたが、最低気温は

5℃必要です。)

« ローズマリーの丸刈り | トップページ | 茶の花 »

ラン Orchid」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Den.aphyllum 花の香り2:

« ローズマリーの丸刈り | トップページ | 茶の花 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック