無料ブログはココログ

« ローズマリー 生垣考 | トップページ | T.fuchsii var. fuchsii のマナカナ »

2007年10月 7日 (日)

マツバラン たわしは誰?

Matubaran

          Psilotum nudum

私は冬虫夏草ではありません、松葉蘭です、

品種名はまだ無い。何の芸もしない。

全体が黄色みを帯び葉先に少し黄斑が入っています。

飛んだ胞子から芽を出した個体です。

こうやってオシャレな鉢に植えると古典園芸も立派な

インテリアグリーンですね。マツバランのフォルムも

なかなかシュールですし。

存在感がありますよね一本でも。江戸時代 松葉蘭が

大名園芸だった頃、すでにインドアプランツだったの

ですよね。観葉植物の前身みたいな。

あまり市場に流通していないのが残念です、専門店へ

行くと何万円もかかってしまうし。

なにも銘品じゃなくても、この様に飾ったらマツバラン

自体が個性的なので充分観賞価値があるのに・・・、

それに別に伝統的な鉢に植える必要なんてありません

よね。 ちなみにこのマツバラン植物だけで500円でした。

« ローズマリー 生垣考 | トップページ | T.fuchsii var. fuchsii のマナカナ »

古典園芸 Japanese traditional horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マツバラン たわしは誰?:

« ローズマリー 生垣考 | トップページ | T.fuchsii var. fuchsii のマナカナ »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック