無料ブログはココログ

« T.fuchsii var. fuchsii のマナカナ | トップページ | ローズマリーの丸刈り »

2007年10月 9日 (火)

イワヒバのユーウツ

Iwahiba2

          Selaginella tamariscina

以前ご紹介した時は、真夏に乾燥し丸まった姿でしたが、

これが復活した真の姿です。丸5年育ててようやくここまで

大きくなりました、本当に成長が遅いです。

時々山取りの大きな岩松が売っていますが悲しくなります、

そこまで大きくなるまでどれだけ時間がかかったか、

でもチョット欲しいのが本音。長命不死草これが別名です。

この個体は葉が緑の野生種の増殖品です、自分でもこの

個体から葉挿しで増やしました。葉が細かく詰まってていて

お気に入りです。

でも今年もやってしまいました、根詰まりです、岩檜葉は

老成したり鉢の中が根で一杯になると胞子葉が出てきます、

写真で葉の先端が白っぽくなっているのが胞子葉です。

この葉がすぐ枯れてとても美観を損ねます、せっかく

枯れた汚い葉が隠れてきたと思ったのも束の間。

植替えをサボった罰です。

梅雨の頃の植替えでは根を三分の一ぐらい切っても

問題無いとされていますが、私の経験では切った根の分

葉が枯れてしまうので今は植替えのとき根は切らない

ようにしています。

素焼鉢で栽培していますが根の回りが速く、焼締め鉢

の方がいいのかなぁ~と思います。

写真では判りませんが、この岩松もオシャレな鉢に

植えてあります、とっても素敵なインテリアグリーンに

なります、観葉植物に一鉢いかがですか?

« T.fuchsii var. fuchsii のマナカナ | トップページ | ローズマリーの丸刈り »

古典園芸 Japanese traditional horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イワヒバのユーウツ:

« T.fuchsii var. fuchsii のマナカナ | トップページ | ローズマリーの丸刈り »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック