無料ブログはココログ

« T.caerulea | トップページ | ヤマブドウの紅葉 »

2007年11月10日 (土)

那賀川菊の咲く初冬

Dendranthema

          Chrysanthemum yoshinaganthum

那賀川野菊の花です。

毎年紅葉の木々の根元で咲いてくれます、

いつもはこの菊が咲く時期はもっと寒いのですが・・・。

この那賀川菊は日本で唯一渓流帯に生育する

とても珍しい野菊です。

渓流帯とは川辺の大雨で川が増水した時などに川の

流れに水没してしまう場所のことです。

この写真の菊の葉を見てもらえば葉が幅が狭く

とても流線型になっているのが見て取れると思います、

これは那賀川菊が水没したときに、その葉に受ける

強い流れの抵抗を減らして植物体が千切れたり

根から引き抜かれないようにするため進化した証です。

この花は咲き進むと少し紫がかり、その様子も

とても雰囲気があります。

花の少ない時期にちょっと青臭い匂いと共に咲く

野菊の美しさは、秋の終わりの寂しさとあいまって、

庭に侘びの景色をそっと添えてくれます。←文学的~♪

« T.caerulea | トップページ | ヤマブドウの紅葉 »

園芸 horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那賀川菊の咲く初冬:

« T.caerulea | トップページ | ヤマブドウの紅葉 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック