無料ブログはココログ

« またTecophilaea cyanocrocus | トップページ | 雪割草 »

2008年3月21日 (金)

すもも 彩の姫

Sumomo

          Prunus salicina‘Sai no Hime’

すもも(Prunus salicina)の花。品種は‘彩の姫’です。

開花日は、大体例年どおりでした。 毎年見るのに感動を

心に覚えるのはなぜでしょうか、豊穣への期待でしょうか。

花が咲くということは、その後の果実を約束してくれること

です、人は本能的に喜ぶのかも知れません。

桜もいいけどスモモも綺麗でしょ。

‘彩の姫’の栽培のポイントは摘果です。 彩の姫は自家

結実性があり、実付がとてもいいので、実が小豆の大きさの

ときに一回目、もう少し大きくなってから二回目の摘果をし、

葉30~40枚に果実1つにします。

去年は実を付け過ぎて、木の体力が続かず半分の果実が

熟さないままになり食べられませんでした。

 「損して得取れ」の精神で、しっかり摘果してください。

スモモは自分で育てないと完熟の本当の美味しさを味わえ

ません、完熟のスモモは天国の味です!。

日本の気候に適した育てやすい果樹なので是非育てて

みてください。 私は鉢植えですが地植えの方が美味しい

そうです。

« またTecophilaea cyanocrocus | トップページ | 雪割草 »

果樹 fruit tree」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すもも 彩の姫:

« またTecophilaea cyanocrocus | トップページ | 雪割草 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック