無料ブログはココログ

« オーナメンタルグラスの庭を夢見て | トップページ | 八十八夜 新茶です »

2008年4月30日 (水)

タイムのTime

Img_1352           Thymus vulgaris

フレンチタイム コモンタイムの選抜種です。

肉や魚料理によく使われるそうですが使ったことがありません、抗菌作用で防腐効果もあるハーブです。   花がカワイイので使わなくってもいいんです別に・・・。

自生地では日当たりの良い斜面に雑草のように生えています。

ハーブを庭に植えると、歩いた時や触れた時にいいにおいが漂う といった感じを思い浮かべますが、暖地の関西で植えることのできるハーブでは、そこまでは期待できません。

そもそも高温多湿なので株間を取らないといけないし、いろいろと制約があります。

今日はとても気温が上がりました、近畿の日本海側では30℃を超えたところもあります。 夏日です。

閑話休題 フレンチタイムの香りですが、とってもステキです!とはいきません、ヒドイです。 例えるならば、削りたての鉛筆のカスです、本当にそっくりです、ビックリします。

興味のある方はぜひ・・・。

« オーナメンタルグラスの庭を夢見て | トップページ | 八十八夜 新茶です »

園芸 horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイムのTime:

« オーナメンタルグラスの庭を夢見て | トップページ | 八十八夜 新茶です »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック