無料ブログはココログ

« T.pruinosa | トップページ | T.ionantha v. rubra »

2008年8月18日 (月)

ディクソニアの葉も葉焼け

Img_1528        Dicksonia antarctica

8月に入ってから今年2回目の新芽が出てきています。

去年と同じく葉焼けをしてきました。

2年目ではまだ根の張りが充分ではないらしく、水揚げが悪いときに夏の強光線に当たることが原因のようです。

2回目の新芽は先が蒸れて枯れている状態で出てきています。

この様な切苗では成長点が樹高よりも下に10ぐらい奥まった状態になっている為蒸れてしまうようです。

流通している苗の中には、生長点の位置まで上端を切り詰めている物がありますが、蒸れ対策には有効かもしれません。

Img_1473      下の写真は今年展葉したときの綺麗な状態のものです。

栽培2年目でも、まだ樹高の成長はマイナスです。

一年に3cm伸びるとしてもプラスに転じるのは早くて3年後です。

« T.pruinosa | トップページ | T.ionantha v. rubra »

珍しい植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« T.pruinosa | トップページ | T.ionantha v. rubra »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック