無料ブログはココログ

« 台湾八角蓮 | トップページ | 台湾ハッカクレン の 花 »

2009年4月26日 (日)

ディクソニアの新芽が動き出しました。

Img_1840_1_1         Dicksonia antarctica

中心部で新芽が動き出している様子です。

冷温帯雨林に生育する植物で雨が好きです。

昨日と今日、大変荒れた天気でした。

一晩中台風並みの風が吹き荒れ、雨が

降りました。

写真の株は、丸太状のものを植えて3年目です。

植えて2年目には鑑賞に耐える程度にはなりますが、

今年は去年の後半に伸びた葉がきれいなまま残り

その上に新芽が伸びるので期待できそうです。

地面まで根が達すると、葉が枯れこむことは

無くなります。

タスマニア島は高緯度に位置するので雨林帯と

いっても湿度は高くないので、日本でも湿度を

気にせず栽培が簡単です。

丸太状から綺麗な姿になるまで3年ほどかかります。

週間天気予報で晴れの日が一週間続くようであれば、

途中の日に汲み置きの水を頭から幹全体に

かかるように与えます。

2年間の栽培経験上、病害虫はありませんでした。

上記は大阪平野部での栽培法です。

« 台湾八角蓮 | トップページ | 台湾ハッカクレン の 花 »

珍しい植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディクソニアの新芽が動き出しました。:

« 台湾八角蓮 | トップページ | 台湾ハッカクレン の 花 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック