無料ブログはココログ

« ブログネタが無くなったので仙女盃 | トップページ | 久しぶりに多肉植物に水を »

2009年9月11日 (金)

松葉蘭の今年の新芽

P1000510_1_1          Psilotum nudum

右が‘富嶽の虹’、左が無名種です。

‘富嶽の虹’は日が強すぎるのか、木に力がないのか

丈が短くしか育ちません(約6.5cm)。

去年の胞子嚢が茶色になり綺麗じゃないです。

今年は1本しか芽を出してくれませんでした、胞子嚢

が黄色いのが今年の新芽です。

軸の色は明るくていいのですが。

左のマツバランは丸2年育ててようやく新芽を出して

くれました。

見れば見るほど不思議な形の植物です。

« ブログネタが無くなったので仙女盃 | トップページ | 久しぶりに多肉植物に水を »

古典園芸 Japanese traditional horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松葉蘭の今年の新芽:

« ブログネタが無くなったので仙女盃 | トップページ | 久しぶりに多肉植物に水を »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック