無料ブログはココログ

« 万両の実 | トップページ | 大王松の一本仕立て »

2009年12月10日 (木)

クリスマスローズ は斯(かく)あるべし

Img_2073_1_1          Helleborus niger `Maria'

ヘレボラス・ニゲル‘マリア’

 最近のニゲルの品種改良は花を大きく多花性に

横や上を向いて咲く方向に進んでいます。

咲き始めから花弁がピンクを帯びていたり・・・。

でもニゲルの魅力はうつむき加減に清楚に

咲く姿にあります。

派手さや華やかさはいらないと思います。

 写真の‘マリア’という品種は実生です、メリクロン培養

の品種と違い株ごとに個性があります。

店頭の花を見ていると玉石混合といった感じでしたので

買う時は必ず実際に自分で花を確かめて買ってください。

 聖母マリアへの贈り物が無く困っていた少女の周りに

咲いたのがクリスマスローズです、この花を摘んで渡した

そうですが毒草です。

その花がニゲルかは不明ですがこの品種名の由来です。

« 万両の実 | トップページ | 大王松の一本仕立て »

Helleborus クリスマスローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスローズ は斯(かく)あるべし:

« 万両の実 | トップページ | 大王松の一本仕立て »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック