無料ブログはココログ

« 四つ葉のクローバーが五つ葉 | トップページ | 原種スイセン の実生法 »

2010年1月26日 (火)

コケが生える

Img_2141_1_1           moss

ヒョウタンゴケ(Funaria hygrometrica)でしょうか、

苔は分類が難しいです。

山野草を鉢で育てていると1年で写真の様な苔の

コロニーが現れます。

ヒョウタンゴケは有機質の少ない所を好むので

腐植質の少ない山野草用の用土が居心地が

いいようです。

 小さな苔も大きな樹木も光合成をしています。

有機物を合成するイメージが強い光合成ですが、

水も分解しています。

人工光合成は究極のクリーンエネルギーとして

研究されているそうです。

« 四つ葉のクローバーが五つ葉 | トップページ | 原種スイセン の実生法 »

苔 moss」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コケが生える:

« 四つ葉のクローバーが五つ葉 | トップページ | 原種スイセン の実生法 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック