無料ブログはココログ

« アリス・イン・タイワンランド (台湾八角蓮) | トップページ | T.イオナンタ も いろいろ »

2010年5月26日 (水)

植替え方法って・・・。(鉢植え編)

いつ植替えたらいいの?

基本的な考え方として、いつ植替えても植物に

ダメージを与えることになります。

なのでダメージがあってもいい、ダメージからの

回復が早く見込まれる時期に植え替えをします。

花が咲こうとしているときに植え替えないのは、花を

見る為に1年間育ててきたのにダメージで花がダメ

になる恐れがあるからです。

 植替えには2パターンあります。

①育って鉢が小さくなった・根詰まり・乾くのが早い。

②生育が悪い・様子が変な方向におかしい。

②の場合は根腐れ・根詰まりを含め植物がすでに

ダメージを受けているので、すぐに植替えします。

問題は①の場合で植替え方も異なります。

発根しにくい種類やダメージを最小限にする為には

根鉢を崩さずに鉢増ししますが、用土をうまく合わせ

ないと新しい用土に根が張らなかったり、新しい用土

と根鉢の乾き方に差が出てしまう事があります。

根鉢の下の部分と肩土の部分を少し崩して、根が

新しい用土と馴染みやすくするのが一般的です。

 根を切る場合は必ず地上部も剪定します(盆栽

ではしません)、この方法は新しい根が多く出ること

が期待できます。

 暖地での植替え時期:常緑樹は春先,落葉樹は

秋から春の落葉期,ランは花後、暑さに弱い種は

夏の暑さが終わる9月頃,熱帯花木は暖かくなって

からが基本です。

Img_2415_1_1      Pine roots covered with mycorrhizal fungi

松の共生菌の写真です(根鉢の表面の白いもの

が共生菌です)。

松など菌根菌と共生している植物の植替えの

場合は、必ず菌の付いた根を残すようにします。

松などは白いカビを全部取ると枯れます。

« アリス・イン・タイワンランド (台湾八角蓮) | トップページ | T.イオナンタ も いろいろ »

園芸 horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 植替え方法って・・・。(鉢植え編):

« アリス・イン・タイワンランド (台湾八角蓮) | トップページ | T.イオナンタ も いろいろ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック