無料ブログはココログ

« T.sprengeliana | トップページ | 国色天香 とか グラス・アン・テプリッツ と呼ばれる »

2011年5月 8日 (日)

D.brittonii

Img_2995_1_1                        Dudleya brittonii

ダドレア・ブリトニー 直径34cm。

カリフォルニア半島北部海岸が原産で、最大直径は

50cmにもなります。

気温が上がってくると蒸れにより腐らせる危険がある

ので、株元の通風を確保します。

日本の夏は仙女盃には暑すぎるので成長が鈍ります。

その場合水を与えると根を腐らせる原因になるので、

水遣りを止めて強制休眠させます。

成長期は秋から春の冷涼期で、春に気温が高くなり

始めたら水遣りの間隔をあけて夏の断水に備えさせ

ます。

« T.sprengeliana | トップページ | 国色天香 とか グラス・アン・テプリッツ と呼ばれる »

Dudleya ダドレア属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D.brittonii:

« T.sprengeliana | トップページ | 国色天香 とか グラス・アン・テプリッツ と呼ばれる »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック