無料ブログはココログ

« チランジアを屋外に出しました。 | トップページ | Mint  »

2012年4月 2日 (月)

胡蝶蘭 の2番花。

Img_3768_2_1          Phalaenopsis cv. Kinu White Emperor

コチョウランの花が終わっても、花茎を残しておくと脇芽を

出して再び花を咲かせてくれる場合があります。

花が終わったら花ガラだけ取り除きます。

花をつけた部分の花茎は枯れてくるので、枯れた部分

だけを切ります(枯れは節の手前で止まります)。

そうすると花を付けた部分の手前の花茎の節から、上の

写真のような脇芽を出してきます。

Img_3767_1_1                    Phalaenopsis cv. Kinu White Emperor

しばらくすると花茎が伸び、蕾が出てきます。

Img_3769_3_1                    Phalaenopsis cv. Kinu White Emperor

蕾が大きくなりました、開花寸前です。

コチョウランは暖かく雨にも困らない恵まれた所が

自生地です。

乾季と雨季があるような厳しい環境ではないので

一年中花を咲かせることができます。

なので一度作った花茎を無駄にせず、再利用して

花を咲かせる性質があります。

« チランジアを屋外に出しました。 | トップページ | Mint  »

ラン Orchid」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胡蝶蘭 の2番花。:

« チランジアを屋外に出しました。 | トップページ | Mint  »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック