無料ブログはココログ

« 実生のワイルドストロベリーに本葉が出てきました。 | トップページ | ネジバナ »

2012年6月20日 (水)

百両金‘大鳳錦’実生

Img_4084_2_1        Seedling of Ardisia crispa cv. Taihou Nishiki

カラタチバナ‘大鳳錦’の実生です。

優秀な品種は接木で増やされますが、実生での

変化も楽しめます。

花と一緒に葉が出てきます。

上の段の花と下の段の花の間の細長い内側に巻いた

状態のものが葉で、やがて広がります。

実は秋に色付き春まで残ります。

カラタチバナの観賞は江戸時代にはじまり明治期にも

流行がありました。

江戸時代の寛政9年(1797)には70品種、明治時代には

150品種あったそうです。

« 実生のワイルドストロベリーに本葉が出てきました。 | トップページ | ネジバナ »

古典園芸 Japanese traditional horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百両金‘大鳳錦’実生:

« 実生のワイルドストロベリーに本葉が出てきました。 | トップページ | ネジバナ »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック