無料ブログはココログ

« キウイ‘孫悟空’の花 | トップページ | ライチ 根詰まり と 鉢増し。 »

2014年4月25日 (金)

シュロチク‘白青殿’ 根詰まり と 株分け

Img_5388_7_1   Rhapis humilis cv. Hakuseiden

シュロチク(棕櫚竹・棕梠竹)の白青殿

葉色が悪くなっています(葉が黄色くなっています)。

肥料を与えても葉色が回復しない場合は、根詰まり

か根腐れです。

いずれの場合も根を確認する必要があります。

Img_5384_5_1 Rhapis humilis cv. Hakuseiden

鉢から引き抜いた様子。

根詰まりしたシュロチクは簡単には鉢から抜けません。

完全に根詰まりです。

根を少しほぐして用土を落とします(根は丈夫なので

ある程度乱暴に扱っても切れません)。

Img_5382_3_1    Rhapis humilis cv. Hakuseiden

植替えついでに株分けもしました。

Img_5381_2_1  Rhapis humilis cv. Hakuseiden

太い根が3~4本付いていれば株分けできます。

写真のように親株の際で根を多く付けてハサミで

切り離します。

Img_5383_4_11    Rhapis humilis cv. Hakuseiden

シュロチクの株元には芽が伸びてこない芽があります。

子株を切り離したので、この芽が伸びてくることに

期待します。

Img_5385_6_1   Rhapis humilis cv. Hakuseiden

根鉢は用土を落としても形はそのままなので、

一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えます。

これからの暖かい季節で葉色が戻って元気に

なってくれると思います。

 

/

« キウイ‘孫悟空’の花 | トップページ | ライチ 根詰まり と 鉢増し。 »

古典園芸 Japanese traditional horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュロチク‘白青殿’ 根詰まり と 株分け:

« キウイ‘孫悟空’の花 | トップページ | ライチ 根詰まり と 鉢増し。 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック