無料ブログはココログ

« 雨がかかったチランジア | トップページ | 長雨でクリスタルグラス枯れる。 »

2014年8月20日 (水)

棕梠竹‘白青殿’

Img_5678_4_1_4_1   Rhapis humilis cv. Hakuseiden

今年の春に株分けをした棕櫚竹「白青殿」

葉の先まで25㎝ほどです。

斑も良く、小さくて可愛いです。

シュロチクの株分けは普通、新芽に2~3本付けて

株分けしますが、園芸品種は新芽がある程度

大きくなったら親株から切り離してしまいます。

栽培のポイントは根詰まりに注意することです。

根詰まりすると容易に鉢から抜けてくれません。

シュロチクはある程度の耐寒性がありますが、この

白青殿は大阪の平野部でも屋外での冬越しは

出来ません。

« 雨がかかったチランジア | トップページ | 長雨でクリスタルグラス枯れる。 »

古典園芸 Japanese traditional horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 棕梠竹‘白青殿’:

« 雨がかかったチランジア | トップページ | 長雨でクリスタルグラス枯れる。 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック