無料ブログはココログ

« アカンサス 斑入り | トップページ | オリーブの実 »

2014年10月24日 (金)

シイタケ・椎茸・香蕈 庭で原木栽培

Img_5842_1_1   Lentinula edodes

2013年の2月に植菌された榾(ほだ)木を買いました。

シイタケの発生は2014年の10月です。

短くて1年半~2年は‘ほだ木’に菌がまわるように

世話をしなければいけません。

Img_5848_5_1 

Img_5847_4_1
   Lentinula edodes

↑良く菌が生育した榾木の表面にはシイタケ菌が

見えてきます。

手軽に栽培するには、種苗会社が売っているシイタケ菌

が充実しているものを買うとすぐに収穫できます。

<栽培方法>

買った榾木はレンガを枕に横にして、屋外の日陰で1年間

汲み置きの水をジョウロで毎日与えて管理します。

(ポイント)

水道水は殺菌の為の塩素を含んでいるので避けます。

地面に直接置くと、土の中の雑菌にシイタケ菌が負けて

失敗します。

ナメクジはシイタケ菌を食べるので駆除します。

 翌年の春か秋に榾木を少し斜めぐらいに立てます。

立てた後もジョウロで水を与えます。

榾木は、日陰で地面の土に直接当たらないようにして

置きます。

 春に買った榾木は、早くて翌年の秋から収穫できます。

さらに翌年の春にずれこむ事があります。

Img_5827_2_1   Lentinula edodes

↑子実体の発生1日目。

Img_5829_4_1  Lentinula edodes

↑発生2日目、とても可愛いです。

Img_5833_7_1  Lentinula edodes

発生3日目、成長はすごく早いです。

Img_5828_3_1  Lentinula edodes

↑別の椎茸、発生1日目。

Img_5830_5_1   Lentinula edodes

↑発生2日目。

Img_5831_6_1   Lentinula edodes

↑発生3日目。

栽培期間は地味で長いですが、キノコが出てきたら

とても楽しいです。

« アカンサス 斑入り | トップページ | オリーブの実 »

野菜 vegetables」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シイタケ・椎茸・香蕈 庭で原木栽培:

« アカンサス 斑入り | トップページ | オリーブの実 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック