無料ブログはココログ

« ワイルドストロベリー 冬の実 | トップページ | アグラオネマは自家不和合性がある? »

2015年1月21日 (水)

クレマチス‘アラベラ’は強剪定?実験記事

インテグリフォリア系のクレマチス‘アラベラ’の

剪定方法は、一般的には強剪定です。

果たして強剪定は正解でしょうか?

Img_5980_1_1   Clematis integrifolia cv. Arabella

写真は地上部、70㎝の位置の芽です。

栽培しているとわかるのですが、冬に葉が枯れても

‘つる’に立派な芽が存在します。

強剪定すると2~3節より上の芽を無駄にしてしまいます。

まだ検証段階ですが、芽のある節を全て残す半分剪定でも

枝数は増え花も咲きます。

地上部の‘つる’を長めに残すので‘アラベラ’の

樹高の低さもカバーできます。

ただし、この剪定方法だと地下からは新芽が出てきません。

‘つる’を地面に誘引して芽を浅く埋めると、そこから新しい

芽と根が出るかもしれません。

« ワイルドストロベリー 冬の実 | トップページ | アグラオネマは自家不和合性がある? »

園芸 horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クレマチス‘アラベラ’は強剪定?実験記事:

« ワイルドストロベリー 冬の実 | トップページ | アグラオネマは自家不和合性がある? »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック