無料ブログはココログ

« 春の訪れを告げる | トップページ | 福寿草 もうすぐ開花 »

2015年2月 2日 (月)

着生蘭は直進しない の法則

着生蘭を栽培していると「ほふく茎(リゾーム・Rhizome)」

が直進しないことに気付きます。

Img_6011_1_1   rhizome of Dendrobium

このデンドロビウムの場合

初めは①の方向に伸び、途中から②の方向へ

カーブして伸びています。

 着生蘭の構造は「匍匐茎・リゾーム」から茎と

呼ばれる葉の付いた「偽球茎・シュードバルブ

(pseudobulb)」を伸ばして花を付けます。

次にカトレアの匍匐茎を見てみます。

Img_6012_2_1  rhizome of Cattleya

カトレアの「ほふく茎」も右に大きく曲がっています。

 「ほふく茎・リゾーム」がカーブする理由は、おそらく

木の幹や枝に着生しているので、直進したらすぐに

枝などから落ちるからだと思います。

ジグザクに伸びることで生育スペースを直線距離に

対して‘かせぐ’意味や、カーブすることでランが

芽生えた条件の良い場所に留まることを意図している

かもしれません。

※着生蘭の中には真っ直ぐリゾームを伸ばす種類も

あります。

« 春の訪れを告げる | トップページ | 福寿草 もうすぐ開花 »

ラン Orchid」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 着生蘭は直進しない の法則:

« 春の訪れを告げる | トップページ | 福寿草 もうすぐ開花 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック