無料ブログはココログ

« 昔のガーベラ | トップページ | 神農さんの花 »

2016年5月12日 (木)

コメ と アサガオ の種まき

P5120217_1_1

お米は籾を直播しています(覆土します)。

蒔いたときは種籾を水没させません。

鳥がお米を食べに来るのでトレイで防護。

稲が発芽して根を張るまでは注意しないと鳥が芽を引き抜き

コメの部分だけを食べてしまいます。

P5120218_2_1

朝顔はポットに蒔きます。

時期は暖地では5月上旬以降暖かくなってから。

P5120219_3_1
アサガオの種は硬実なので図の‘へそ’の部分を避けて

紙ヤスリやナイフなどで種皮を削って植えます。

中の双葉を傷つけないように種皮の表面に傷をつける

ようにします(吸水するようになれば良いので種皮に穴を

開けるわけではありません)。

植える方向は図の通り、深さは1~2㎝です。

 硬実とは種の表面がニス状の物質に覆われていて

水を吸いにくい状態の種のことです。

硬実は自然状態では落ちたその年には発芽しなくても

数年後には種皮が風化して発芽してきます。

これは種(しゅ)の保存の為で、一斉に発芽して枯れた場合の

絶滅するリスクを減らしています。

朝顔の種を数時間水に浸す方法もありますが、長時間

水没したままではタネが呼吸できずに死にます。

 種を蒔く時期を遅くシフトさせて仕立て方を変える方法

があります。

一般種では5月上旬で1階の屋根の高さまで伸びます。

6~7月蒔きだと1mぐらいの高さに成長します。

9月上旬に蒔くと草丈が20㎝ぐらいで開花します、この頃に

なると朝夕の気温が涼しくなるので花は夕方ぐらいまで

咲き続けるそうです。

« 昔のガーベラ | トップページ | 神農さんの花 »

園芸 horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コメ と アサガオ の種まき:

« 昔のガーベラ | トップページ | 神農さんの花 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック