無料ブログはココログ

« チランジア・マレモンティーに花 | トップページ | 釣りシノブ 作ってから2年 »

2016年8月 2日 (火)

Encephalartos cupidus

P7230333_4_1  Encephalartos cupidus

エンセファラルトス・クピダス

南アフリカの東トランスバール地方に自生する

ソテツです。

葉の高さは約30㎝。

葉が硬化すると少し青みを帯び、美しい葉色になります。

見た目は地上部分の茎は小さいですが、地下の紡錘根

は結構大きいです。

P7170327_2_1 leaf of Encephalartos cupidus

葉の先端には多くのトゲトゲがあり触ると

痛いです。

ソテツの仲間は進化の段階で、シダとヤシの

中間に位置します。


« チランジア・マレモンティーに花 | トップページ | 釣りシノブ 作ってから2年 »

ソテツ類 Cycadaceae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Encephalartos cupidus:

« チランジア・マレモンティーに花 | トップページ | 釣りシノブ 作ってから2年 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック