無料ブログはココログ

« 観音竹 「大判の縞」 | トップページ | 朝顔 「深淵」 »

2016年8月 8日 (月)

夏の仙女盃

P8080350_2_1  Dudleya brittonii

ダドレア・ブリトニー  ロゼット径 約33㎝

 仙女盃は夏の間、水遣りを止めて強制的に

休眠させます。

高温下での多湿に弱いのか、水をあげると腐らせる

可能性が高いです。

特に樹高が低い場合、葉が蓋のように鉢を覆って

しまうため株元が蒸れて腐りやすいです。

P8080351_3_1 Dudleya brittonii

 強制休眠させると株もダメージを受けます。

仙女盃は葉に溜めた水を使い夏を耐えますが、

下葉から枯れてきます(かなりの枚数・葉の枚数は

秋からの水遣りですぐに復活します)。

細根も枯れてしまいます。

効果は判りませんが、写真のように株元の風通しが

良ければ、表土を濡らす程度の水遣りをしてもいいと

思います。

 ただ自然の下では仙女盃は厳しい条件で生育

しているので過保護は禁物です(少々の渇水なんて

平気です)。

« 観音竹 「大判の縞」 | トップページ | 朝顔 「深淵」 »

Dudleya ダドレア属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の仙女盃:

« 観音竹 「大判の縞」 | トップページ | 朝顔 「深淵」 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック