無料ブログはココログ

« 釣りシノブ 作ってから2年 | トップページ | 観音竹 「大判の縞」 »

2016年8月 4日 (木)

錦糸南天 「群雀」

P8040348_4_1 Nandina domestica cv.群雀

 これ南天なのですよ。

ナンテンは普通2~3mの高さに成長しますが、

写真の錦糸南天(琴糸南天)は樹高が約12㎝です。

手のひらサイズ。

 ナンテンの園芸品種が現れたのは江戸時代・

文政年間で「草木奇品家雅見(1827年)」には

変わり葉の南天の園芸品種が載っているそう

です。

明治17年の「南燭品彙」には104品種掲載されて

います。

(参考文献:原色図譜 園芸植物 平凡社)

P8040346_3_1 Nandina domestica cv.群雀

葉も小さく細やかです。

<育て方>

 春に出る葉は大きいので出る度にハサミで葉柄から

切り、取り除きます。

やがて自然に小さい葉だけを出すようになります。

管理は半日陰で、用土を乾かせすぎないように注意。

« 釣りシノブ 作ってから2年 | トップページ | 観音竹 「大判の縞」 »

古典園芸 Japanese traditional horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦糸南天 「群雀」:

« 釣りシノブ 作ってから2年 | トップページ | 観音竹 「大判の縞」 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック