無料ブログはココログ

« Paph.callosum | トップページ | Tillandsia ionantha »

2017年6月 2日 (金)

Dendrobium amabile (Den.amabile)

P6020695_6_1 Dendrobium amabile

 デンドロビウム・アマビレが咲きました。

種小名はラテン語のamabilis(愛らしい)に由来します。

 Dendrobium属 Athecebium亜属 Callista

Callistaはラテン語のKallistos(とても美しい)という意味です。

ベトナムの北部山岳地帯(標高1,000~1,500m)に自生します。

P6020684_5_1 Dendrobium amabile

 花を下から見上げた様子。

木の上の着生蘭なので、この角度で見るのが正しいです。

花は1週間ぐらい咲いています。

P6030700_2_1 Dendrobium amabile

 草丈は65㎝、 6号鉢で栽培しています。

用土は洋ラン用発酵バーク(ネオソフロン)を使用

しています。

 自生地では1年中大雨(heavy rainとあります)が

降っていますが(湿度は70~90%)、日本での栽培では

冬の間の水管理は乾燥気味にします(低温期の病気

予防と、花付きが良くなります)。

P6030698_1_1_1_1
Dendrobium amabile

 栽培は簡単な部類です。

この個体は2006年に購入しました。

原種は環境の変化に敏感で最初の年は咲いて

くれませんでした。

新しい環境で育ったバルブが花を付けるようになると

順調に毎年開花してくれます。

« Paph.callosum | トップページ | Tillandsia ionantha »

ラン Orchid」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dendrobium amabile (Den.amabile):

« Paph.callosum | トップページ | Tillandsia ionantha »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック