無料ブログはココログ

« ヒマワリが咲きました。 | トップページ | Cycas debaoensis の葉 »

2017年7月22日 (土)

Pinus maximartinezii の下葉が枯れる原因

P7210788_4_1 Pinus maximartinezii

マキシマルティネツィ・マツ

 幹の部分の下の方の葉が枯れています。

P7210785_3_1 Pinus maximartinezii

 こちらの苗は下葉が枯れていません。

 両方とも実生から4年です。

樹高は下葉が枯れているものが30~40㎝、

下葉が枯れていない方は50㎝あります。

 両者の違いは置き場所で下葉が枯れている方は

雨ざらしで栽培、枯れていない方は雨がかかりにくい

場所で育てています。

また、下葉が枯れていない方は菌根菌(根に付く共生菌)

がよく発達しています。

菌根菌が無い苗の葉色は悪いです。

 マキシマルティネツィ松は雨除け栽培する必要が

ありそうです。

乾燥したメキシコの山中と違い、日本は雨が多いです。

雨除け無しでは鉢土の水分コントロールが難しく

多湿になり根が弱り下葉が枯れているものと思います。

大きめの鉢に植えるのも鉢土の乾燥が遅くダメです。

« ヒマワリが咲きました。 | トップページ | Cycas debaoensis の葉 »

園芸 horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pinus maximartinezii の下葉が枯れる原因:

« ヒマワリが咲きました。 | トップページ | Cycas debaoensis の葉 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック