無料ブログはココログ

« スモモの摘果の重要性 | トップページ | Irisを植えつけ »

2017年8月30日 (水)

オニユリのムカゴ

P8300823_3_1 Lilium lancifolium var.

 無斑点花(花弁にブロッチが入らない、素心?)のオニユリ

のムカゴなので緑色です。

 鬼百合は葉腋にムカゴをつけます。

ムカゴを植えることで増やすことができます。

 日本の在来種のオニユリは3倍体で、種はほとんど

出来ないそうです。

球根は苦みがありますが食べられるそうです。

やはり人家の近くに多く見られます。

元々大陸から渡ってきた帰化植物らしく、ヒガンバナ

同様に謎を秘めています。

 そのムカゴをユリの鉢に放置しておきました。

今日見てみると1つが上を向いて自立していました。

少し引っ張ってみましたが根が出ているようです。

自然では、この後は牽引根で引っ張られ地中に

潜るのだと思います。

« スモモの摘果の重要性 | トップページ | Irisを植えつけ »

山野草 wild plants」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オニユリのムカゴ:

« スモモの摘果の重要性 | トップページ | Irisを植えつけ »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック