無料ブログはココログ

« サイカス・デバオエンシスの新芽 | トップページ | ケヤキの盆栽が葉焼け »

2018年8月27日 (月)

たぶん‘メアリーレーン’の秋果

P8271296_5_1 Ficus carica Mary Lane seedless

 イチジク‘メアリーレーン’の秋果です。

肥料が足りないのか小果で実生りも少ないです。

二期生りのイチジクは秋果の方が糖度が高い

ので残念です。

 イチジク‘メアリーレーン’の栽培のポイントは

肥料です。

結構たくさん肥料を必要とするようです。

P8271297_6_1 Ficus carica Mary Lane seedless

 葉腋の花芽が落ちて無くなっています。

肥料が足りていないせいでしょうか。

良くわかりません。

本来ならば豊産性の品種です。

秋果も沢山つくはずです。

P8271298_7_1 Ficus carica Mary Lane seedless

 頂芽の脇の花芽も欠落しています。

来年の花芽が形成されていてもいい時期なのですが。

 春の果実は大きく良く生ったので、来年は収穫後

夏果・秋果の為の追肥を実施したいと思います。

 イチジク‘メアリーレーン’は種無し種で、果実は

種のジャリジャリ感が無く歯触りが滑らかで甘く

とても美味しい品種です。


« サイカス・デバオエンシスの新芽 | トップページ | ケヤキの盆栽が葉焼け »

果樹 fruit tree」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たぶん‘メアリーレーン’の秋果:

« サイカス・デバオエンシスの新芽 | トップページ | ケヤキの盆栽が葉焼け »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック