無料ブログはココログ

« Tillandsia atroviridipetala | トップページ | チランジア フックシーフックシー の発根 »

2019年7月31日 (水)

棕櫚竹‘白青殿’の子株

P7311765_1_1  Rhapis humilis `Hakuseiden'

 棕櫚竹‘白青殿’の子株です。

ほぼ斑の派手な芽が出てきました。

葉緑素のある部分と斑が葉に適度に共存してくれると

育てやすいのですが、この様に派手な斑だと確実に葉先から

枯れてきます。 

P7311766_2_1  Rhapis humilis `白青殿’

 親株の葉の斑の様子。

この株は買った時は「斑」の少ない個体でしたが、成長するに

したがって「斑」が派手になってしまいました。

写真のように「斑」だけの部分は葉焼けしてしまいます。

葉が枯れると観賞価値が著しく低下します。

 棕櫚竹‘白青殿’を買う場合は「斑」があまり入っていない様な

個体がお勧めです。

« Tillandsia atroviridipetala | トップページ | チランジア フックシーフックシー の発根 »

古典園芸 Japanese traditional horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Tillandsia atroviridipetala | トップページ | チランジア フックシーフックシー の発根 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック