無料ブログはココログ

« Cycas cairnsiana dwarf form | トップページ | 暖地でもフレンチタラゴンが育っています。 »

2019年8月11日 (日)

Encephalartos horridus dwarf form

P6211713_2_1  Encephalartos horridus dwarf form

 エンセファラルトス・ホリダスのドワーフフォームです。

葉の長さが35㎝もあるので‘ドワーフ’かどうかは?ですが。

今年は2枚の葉を出してくれました。

P8111772_2_1  Encephalartos horridus dwarf form

 新しい葉も硬化して、だいぶと見栄えがする株になってきました。

毎年、葉を切ってしまうと写真のように豪快に葉を伸ばす姿を

見ることができません。

当然、葉数も少なくなるので幹の成長も遅れます。

葉は自然に枯れるまでは絶対に切らないのが育て方の鉄則です。

 幹(地下茎)のほとんどが土の中にあるので、水のやり過ぎで

腐らせないように注意します。

水遣りは年間を通して厳しめに、鉢土の中まで乾いてから水遣りを

するようにします。

とにかく、太陽の光線に当てるようにします。

葉色が良くなり、ブルーグレイに輝く葉を楽しめます。

« Cycas cairnsiana dwarf form | トップページ | 暖地でもフレンチタラゴンが育っています。 »

ソテツ類 Cycadaceae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Cycas cairnsiana dwarf form | トップページ | 暖地でもフレンチタラゴンが育っています。 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック