無料ブログはココログ

« Encephalartos horridus dwarf form | トップページ | サルナシ`貴太郎’の果実 »

2019年8月11日 (日)

暖地でもフレンチタラゴンが育っています。

P8111771_1_1  Artemisia dracunculus var. sativa

French tarragon ,Estragon(フレンチタラゴン,エストラゴン)

 さすがに、生育は良くないですが、38℃の猛暑の中生きています。

冷涼な気候に育つハーブなので、一般的には暖地での栽培は無理と

されていますが、とあるホームページで栽培可能とありました。

結論をいいますと、雨除け栽培で西日を避けると暖地でも育て

られます。

テラコッタ鉢で普通の培養土で育てています。

夕方に葉水も与えています。

 少し遮光すると、葉が柔らかく生育も早くなるかもしれません。

フレンチタラゴンはフレッシュハーブでこそ本領を発揮します。

そのハーブを暖地で栽培できる利点は大きいような気がします。

フランス料理店さん、キッチンガーデンにおすすめですよ。

« Encephalartos horridus dwarf form | トップページ | サルナシ`貴太郎’の果実 »

ハーブ herb」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Encephalartos horridus dwarf form | トップページ | サルナシ`貴太郎’の果実 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック