無料ブログはココログ

« 国華園から ザクロ`紅巨蜜´の苗が届きました。 | トップページ | 冬のチランジアの水遣り。 »

2019年12月23日 (月)

本物のシルクハットとは。

皆さん、よくマジック等で見てご存じのシルクハットですが、実は

本物は至って少ないのです。

Pc231939_8_1  Silk Top Hat

本物のシルクハットをご覧になっていない方々がほとんどです。

 長い期間着用され続け、基本コンセプトは同じでもマイナーチェンジを

繰り返している帽子なので、本物の定義が難しいのですが、一般には

シルク(絹)のフラシ天(plush)を使ったトップハット(top hat)の

ことを指します。

当初はビーバーの毛を使っていました。

Pc231948_15_1  Silk Top Hat

シルクハット(Silk top hatと表記します)はトップハットの一種です。

フラシ天・プラッシュ(plush)とはビロードの様に起毛加工を施した

生地のことです。

 現在売られているシルクハットの殆どはファーフェルト(fur felt 

ウサギの毛で作ったフェルト)や、ただのフェルトを使ったもの、

サテン生地(本しゅす)を貼った物です。

これらは、本来はトップハットtop hat)と呼ばれるべきものです。

Pc231946_13_1  Silk Top Hat

 では、何故本物のシルクハットが売られなくなったのかというと、絹の

生地をプラッシュ加工する機械が工場ごと火事で無くなり(生産できる

場所がフランスのこの一社だけだったそうです)、技術も同時に途絶えた

からだそうです。

Pc231936_5_1 Silk Top Hat

 シルクハットは光沢・艶が大切です。

明治時代の岩倉使節団の写真を見てもわかる通り、ピッカピカです。

本物のシルクハットは絹の毛並みが帽子を上から見て反時計回りに

流れています。

シルクハットの天辺は毛並みの光沢でレコードの様です。

Pc231931_2_1  Top of Silk Top Hat

側面のシルクの毛並も反時計回りに流れ、光を柱状に反射します。

Pc231941_9_1  Silk Top Hat

 シルクハットのブリム(帽子のツバ brim)はリボンで縁取られ、

リボンの端は鋭角に内側に倒れます、ボーラーハット(山高帽,

Bowler hat)も同様です。

Pc231935_4_1  Brim edge of Silk Top Hat

ブリムの縁が真上に立っているものはホンブルグ(Homburg)です。

Pc231947_14_1  Brim edge of Homburg Hat

 シルクハットは現在でもイギリスのLock&co帽子店がオーダーメイド

しています(現地へ行っての完全オーダーメイドです)。

Pc231937_6_1  inside of Silk Top Hat

シルクハットの内側です。

内側が黒色のシルク貼りの物もあります。

 現在では、シルクハットの代用としてファーフェルトのタウンシェル

(Town shell top hat)を被る人が多いです。

Pc231945_12_1 fur felt Top Hat (LINCOLN BENNETT & Co)

クラウンの高さが、一般的にシルクハットよりも低いです。

Pc231943_11_1 fur felt Top Hat (LINCOLN BENNETT & Co)

帽子の重量もシルクハットに比べて重いです。

本物のシルクハットは持ってみると驚くほど軽いです。

頭に載せるものなので、重いと疲れます。

Pc231949_1_1 leather case of Silk Top Hat

旅行などでシルクハットを持ち歩くときは、この様な専用ケースに

入れます(当然、自分では持ちません)。

« 国華園から ザクロ`紅巨蜜´の苗が届きました。 | トップページ | 冬のチランジアの水遣り。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国華園から ザクロ`紅巨蜜´の苗が届きました。 | トップページ | 冬のチランジアの水遣り。 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック