無料ブログはココログ

« オキナワセッコク 霜に当てたら。 | トップページ | エケベリア・ラウリンゼ »

2020年1月10日 (金)

ライチ`サラシエル´の耐寒性 とりあえず部屋にいれました。

P1101985_1_1

 Lichi chinensis `Salathiel´ ライチ`サラシエル´

でかい、ただただデカイ。

すでに葉が寒さで傷んでいるので屋内に入れるのが遅かったかも。

10号鉢(直径30㎝のスリット鉢)に植えています。

鉢も含めた高さは130㎝で、手で移動させる大きさの限界に達しています。

一応、鉢増し用に直径40㎝の鉢を用意していますが、植え替えると

持ち上げる自信がありません・・・。

 ライチ`サラシエル´は確かに耐寒性がありますが(-5℃でも枯死しない

、多少の凍害は出る)、冬に春から伸びる芽を凍らせて枯らしてしまうと、

花はその新梢の先端に着くので開花しません。

実を生らすことが出来なくなります。

その場合新芽の成長は夏以降になり、その新芽には花は咲きません

(ライチは亜熱帯果樹なので8℃以下の寒さに2か月ぐらい晒さないと

花芽分化しません)。

一般的には0℃以上の最低気温なら大丈夫だと思われがちですが、

実際には最低気温が4℃になると霜が降りる恐れがあります。

新芽はこの霜に当たると枯れるので、実を着けたければ耐寒性の強い

ライチ`サラシエル´でも最低気温5℃以上の場所での栽培が絶対

です(霜が降りない地域では0℃以上でも大丈夫かも)。

開花時期に遅霜に当てても花が枯れて、結実は絶望的になります。

 

« オキナワセッコク 霜に当てたら。 | トップページ | エケベリア・ラウリンゼ »

果樹 fruit tree」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オキナワセッコク 霜に当てたら。 | トップページ | エケベリア・ラウリンゼ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック