無料ブログはココログ

« コノフィツム ピランシー | トップページ | シクラメン・コウムの花 »

2020年1月12日 (日)

セッコクの矢伏せのような芽の出かた。

P1121989_1_1  Dendrobium miniliforme `金宝´

矢伏せでの増殖の様に、矢(bulb・バルブ)の途中から芽が出ています。

矢の頂点付近から出る芽は`高芽´といい、ときどき見かけますが、

茎の途中から芽が出るのは珍しいです。

セッコクが生命の危機を感じた場合の増え方です(普通は株元の芽だけが

成長します)。

セッコク`金宝´は寒さに弱いようです。

写真の株は露天で育てていましたが、枯らしかけました。

長生蘭などは屋外での自然作りには向かず、冬は寒さから保護しないと

いけません。

« コノフィツム ピランシー | トップページ | シクラメン・コウムの花 »

古典園芸 Japanese traditional horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コノフィツム ピランシー | トップページ | シクラメン・コウムの花 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック