無料ブログはココログ

« アジサイ`ユーミーパーフェクション´ | トップページ | デザートライムの実が・・・。 »

2020年6月 1日 (月)

ウォレマイ・パインの根の写真はありませんが。植替えと挿し木についての考察。

P6012419_3_1 Wollemia nobilis

ウォレマイ・パイン,ウォレミマツ,ジュラシックツリー 

 様々なサイトやブログに書いてある通り、鉢土の乾きが悪いので

植替えをしてみました。

葉からの蒸散が少ないとの記述がありましたが、植替えをしたら

そもそも根量が少なかったです。

新しい根も出ていました。

 根は細く脆弱で、簡単に切れるので植替えの際は注意が必要です

(というか植替えの際、新しく長い根を切ってしまいました)。

直根のようなものは見られませんでした。

根の強度が無い為、台風などの強風には弱いと思われます。

(自生地は曲がりくねった渓谷の底で、そもそも風が防がれるような

場所と思われます)。

P6012417_1_1 Wollemia nobilis

植替えの用土は、中粒の硬質の鹿沼土と赤玉土に元々植えてあった

用土を混ぜて使いました。

(弱酸性の用土を好むそうなので、鉢土が凍結しない地域ではこの

配合で大丈夫だと思います)腐植質は用土に混ぜませんでした。

根が張るまでは、株元を固定して支柱も立てて風で動かないように

しました。

前述した通り、根が脆弱なので新しい根が出ても風で株元が動くと

根が切れる恐れがあります。 

P6012418_2_1

鉢土が乾きやすいように、届いた時に比べ一回り小さい鉢を

用いました。

手製のスリット鉢です(笑)、排水・通気が良く根にやさしいと思います。

水道屋さんが使う塩化ビニールを切るノコギリがあれば、どんな

プラスチックの鉢もスリット鉢に改造できます。

 気になる増やし方・挿し木についてですが、ナンヨウスギは主幹の頂点

を挿さないと木立しないそうです(要するに横に出ている枝を挿し木しても

幹のある木にはならず枝は枝のままだそうです)。

ウォレマイ・パインもナンヨウスギの仲間ですので、垂れている枝葉を

挿し木してもまっすぐ幹の通ったジュラシックツリーにはならない可能性が

あります。

ウォレマイ・パインの若木の株元から出てくる、林立する幹を挿し木する

他ないようです。

 

« アジサイ`ユーミーパーフェクション´ | トップページ | デザートライムの実が・・・。 »

珍しい植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アジサイ`ユーミーパーフェクション´ | トップページ | デザートライムの実が・・・。 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック