無料ブログはココログ

« サイカス・カイルンシアナ ドワーフ タイプ | トップページ | セリのアレロパシーと水草への影響。 »

2020年7月23日 (木)

マクワウリ`すっきりメロン´ 栽培中。

P7232568_4_1 Cucumis melo var. makuwa `すっきりメロン´

プロの農家の人に見られたら笑われそうですが、生育中です。

ほぼ無農薬で栽培中です。

今年は梅雨の時期が長く、降雨量が多く日照時間がとても少ないです。

その影響で野菜の価格も高騰しています。

マクワウリ`すっきりメロン´も病気が発生しています。

枯れるか心配していましたが、今日観察してみると雌花が咲いていました。

P7232570_6_1 female flower of Cucumis melo var. makuwa

まだ蕾ですがマクワウリ`すっきりメロン´の雌花です。

子房は細長く、小さな瓜の形をしています。

親蔓・子蔓を摘芯して出させた孫蔓に雌花は着きます。

サカタのタネさんの「おうち野菜」の苗を買ったら詳細な栽培説明書が

付いています。

P7232569_5_1 female flower of Cucumis melo var. makuwa

こちらは開花後の雌花です、子房の大きさは2㎝ぐらいで受粉しているかも。

収穫が出来る可能性が出てきました。

P7232571_7_1 male flower of Cucumis melo var. makuwa

↑の写真はマクワウリ`すっきりメロン´の雄花です。

雄花の子房は丸いです。

開花の初めは雄花ばかりが咲きます。

午前中に人工授粉をすると結実しやすいそうです。

マクワウリの栽培は日照と高温・乾燥した環境が適しています。

過湿な土壌だと枯れます。

夏が楽しみになってきました。

ちなみに、ツルのトゲトゲは触ると結構痛いです。

 

« サイカス・カイルンシアナ ドワーフ タイプ | トップページ | セリのアレロパシーと水草への影響。 »

野菜 vegetables」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サイカス・カイルンシアナ ドワーフ タイプ | トップページ | セリのアレロパシーと水草への影響。 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック