無料ブログはココログ

« 八重咲ゲンノショウコ を見つけました。 | トップページ | Tillandsia crocata の花 »

2020年10月21日 (水)

細かいようですが、気温が下がり洋蘭を部屋に入れる前に。Den.amabile

Pa200167_4_1 Dendrobium amabile

デンドロビウム・アマビレの茎と葉の写真です。

葉の付け根部分に蜜腺のような物があり、粘着質の樹液を出しています。

用心棒に昆虫を誘うためでしょうか。

この樹液に黒いカビが生えている状態です。

これを濡れたティッシュ等で拭き取ります(取れない場合は食器用洗剤の

使用も可)。

植物の上から如雨露で灌水して葉の汚れを落とします。

全体に農薬を散布して消毒をします。

何日か屋外の栽培棚に置いてから、ランを室内に取り込むようにします。

« 八重咲ゲンノショウコ を見つけました。 | トップページ | Tillandsia crocata の花 »

ラン Orchid」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 八重咲ゲンノショウコ を見つけました。 | トップページ | Tillandsia crocata の花 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック