無料ブログはココログ

« Tillandsia capillaris v. virescens | トップページ | イチゴ`よつぼし´の越冬葉。 »

2021年1月18日 (月)

Mushroom Lamp  LEDで光るキノコを制作。

P1180286_1_1 My work of art `Mushroom Lamp objet´

蓄光樹脂粘土で作ったキノコのランプで、LEDで光ります。

作品の幅は30㎝ 高さが18㎝。

まだ、彩色やニスを塗っていないのですが。

躯体にはカクタススケルトン(サボテンの枯れ枝)を使っています。

Pb170209_4_1 LED wire lamp

材料は電飾用(クリスマスなどの)のLEDワイヤー(商品名はジュエリー

ライト)と、蓄光樹脂粘土(Luminescence polymer clay)です。

LEDジュエリーライトを使うと面倒な`はんだ付け´や抵抗器の抵抗値の

計算をしなくて済みます。

Pb170208_3_1 Cork bark

LEDジュエリーライトのワイヤーをコルク樹皮などに接着させます。

ワイヤーがコルクの表面を這った部分は、削ったコルク樹皮を上に貼って

隠します。

LED部分が先端になるように軸を作って、その軸を樹脂粘土で覆い、傘を

取り付けます。

P1180287_2_1 LED Mushroom lamp object

スイッチを入れるとこんな感じです。

写真の作品はLEDのワイヤーはカクタススケルトンの空洞部分を通って、

穴の部分からLEDを表面に出しています。

P1180288_3_1 LED Mushroom Lamp objet

暗闇の中光らせると、結構明るいです。

P1180290_4_1 LED Mushroom Lamp objet

蓄光樹脂粘土(made from Luminescence polymer clay)で作っている

ので電気のスイッチを切ると蛍光します。

モデルは「ヤコウタケ」です。

P1180293_5_1 LED Mushroom Lamp object

樹脂粘土でキノコを作るコツは、キノコの繊細さを表現するために「傘」

の部分を薄く制作することです。

« Tillandsia capillaris v. virescens | トップページ | イチゴ`よつぼし´の越冬葉。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Tillandsia capillaris v. virescens | トップページ | イチゴ`よつぼし´の越冬葉。 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック