無料ブログはココログ

« 透明粘土で作る正倉院宝物「瑠璃坏」(失敗編)  | トップページ | このマツバギクは一期咲きですが花期が長い。 »

2021年4月11日 (日)

コンクリートブロックでのギンゴケ栽培はやめました。

P4110487_4_1 Bryum argenteum

コンクリートブロックの上でギンゴケを栽培すると枯れませんが、

コンクリートの石灰分を葉の表面に析出してしまい美観を損ねます。

やはり、テラコッタの鉢皿での栽培に戻りました。

P4110488_5_1 Bryum argenteum

テラコッタの鉢の受け皿での栽培の方が簡単です。

ギンゴケの栽培に用土は必要ありません。

一日中、日光に当たる場所だと乾燥し過ぎて育ちません。

直射光が午前中だけ当たるような場所で育てます。

苔が乾き過ぎた場合は受け皿に水を溜め、ギンゴケが十分に水を

含んだら余った水は捨てます。

« 透明粘土で作る正倉院宝物「瑠璃坏」(失敗編)  | トップページ | このマツバギクは一期咲きですが花期が長い。 »

苔 moss」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 透明粘土で作る正倉院宝物「瑠璃坏」(失敗編)  | トップページ | このマツバギクは一期咲きですが花期が長い。 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック