無料ブログはココログ

« ハマナスの花 | トップページ | ジュラシックツリー の新芽 »

2021年5月10日 (月)

イチゴ栽培は病気から逃げ切りました。

P5060689_4_1  Disease of Fragaria × ananassa

イチゴの葉に黒い斑点が無いので炭疽病では無いようです。

葉脈の部分が黒くなっているので萎黄病(affected by Fusarium

oxysporum)を疑っています。

P5060690_5_1 Disease of Fragaria × ananassa

萎黄病はやがてイチゴを枯死させます、土壌にいる病原菌が原因で、

気温が高くなると発生します(25℃ぐらいから)。

栽培したイチゴの品種は`よつぼし´です。

`よつぼし´は種子繁殖の品種なので種苗会社から買った苗が

病原菌を持っていた可能性は殆ど無いです(ほぼ0%です)。

ランナー(走茎)で繁殖させるイチゴの品種ならば少しは

可能性があるのですが。

原因は100%イチゴを連作しているプランターの用土です。

今から思えば少しはイチゴ・野菜用の農薬を使えばよかったです。

野菜の病気や害虫に効く「ベニカ グリーンVスプレー」を持って

いたのに。

P4270627_2_1 Fragaria × ananassa `よつぼし´

イチゴ`よつぼし´の最盛期の写真です。

良く熟して甘い香りがするようになると美味です。

最後の方の実はイチゴが病気になり食べられませんでしたが、結構

沢山収穫できました。

P4270626_1_1 Fragaria × ananassa `よつぼし´

適切に栽培管理ができていれば、もう少し長く収穫できたと思います。

完全無農薬にこだわり過ぎました。

また今度イチゴを栽培する場合は清潔な用土に入れ替えます。

« ハマナスの花 | トップページ | ジュラシックツリー の新芽 »

野菜 vegetables」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハマナスの花 | トップページ | ジュラシックツリー の新芽 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック