無料ブログはココログ

« Pinus maximartinezii に尋常葉が出るかも | トップページ | Tillandsia capillaris の花 »

2021年5月 6日 (木)

Rosa gallica の発芽(実生)と花弁の白い斑点

P5100721_1_1   blossom of Rosa gallica

ロサ・ガリカの花です。

ロサ・ガリカは最も古い栽培バラとして有名で、古代ギリシャ,ローマ帝国

でも育てられていました。

自生地が広い為、または交配育種の結果、花色や花弁数にはバリエーション

(系統)がいくつも存在します。

ローマ帝国では貴族の館での宴の時にロサ・ガリカの花びらを天井から

降らせたそうです(香りを楽しみます)。

 写真の接木苗のロサ・ガリカの花弁には白い斑点が入ります。

P5060688_3_1 white spots on petal of Rosa gallica

写真は、花弁に入る白い斑点。

これをウイルス病の影響と考えて2年前から実生に挑戦していました

(実生するとウイルスから逃れられます)。

P5100724_3_1 Rosa gallica

↑の写真の方が白い斑点が判りやすいです。

本当ならば別株のロサ・ガリカとクロス交配させたかったのですが、

ロサ・ガリカの苗を売っているところがほとんどありません。

P5020658_3_1  sprout of Rosa gallica

まだ、双葉が残るロサ・ガリカの幼苗です(本葉が出ています)。

雑草と間違えそうですが、2年間種を蒔き続けて初めて1つ発芽しました。

1年間栽培して来年の春に開花予定。

栽培品種の薔薇のほとんどは雑種なので、普通は実生はしません

(実生で育てても良い花が咲く確率は極めて低いです)。

でも今回を機にネットで調べると結構実生に挑戦している人がいて

驚きました。

バラの種子は概して発芽率が悪いらしいです(2年間の経験上もそうです)。

まして、クロス交配ではなく自家受粉させた種子なので弱いです。

P5020660_4_1  Rosa gallica bud

この小さな苗が無事に育つか判りませんが(そもそもご近所の園芸品種の

花粉で受粉している可能性もあります)、花弁に斑点入らないロサ・ガリカ

の花が咲く事を期待しています。

P5100727_3_1 Rosa gallica

ロサ・ガリカの花は夕方になると花弁を閉じます。

P5100725_1_1 Rosa gallica

翌日、日が昇るとまた花を広げます。

 

 

« Pinus maximartinezii に尋常葉が出るかも | トップページ | Tillandsia capillaris の花 »

Rose バラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Pinus maximartinezii に尋常葉が出るかも | トップページ | Tillandsia capillaris の花 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック