無料ブログはココログ

« エンセファラルトスの枯葉。 | トップページ | Tillandsia atroviridipetala »

2021年7月11日 (日)

稲のビオトープ

P7100979_1_1

手前の稲がプランター水田の‘あきたこまち’、奥のビオトープ

の中の稲が`兵庫恋錦´(「菊正宗」専用の酒米)です。

`イネ(Oryza sativa subsp. japonica)´を育てている目的は

使用済み用土の再生です。

ビオトープには三河焼の睡蓮鉢を使っています。

三河焼のスイレン鉢は釉薬が掛かっていない還元焼成の焼き物

で(屋根瓦と同じ製法)、自然と景観に溶け込みます。

P7100980_2_1

ビオトープの中の稲は12㎝角のプラスチックポットに植えて

入れています。

鉢は土の容量が多い物が適します(軽いと稲が鉢ごと倒れます)。

鉢の下にはレンガを敷き高さを調整しています。

‘メダカ’の学名「Oryzias」は‘イネ’「Oryza」を意味します。

「水田の魚」とも云われ、イネとは相性が良いです。

« エンセファラルトスの枯葉。 | トップページ | Tillandsia atroviridipetala »

ビオトープ biotope」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エンセファラルトスの枯葉。 | トップページ | Tillandsia atroviridipetala »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック