無料ブログはココログ

« チランジアに肥料は必要? | トップページ | マスチック・タイム »

2021年10月28日 (木)

七草粥用の小カブを作ります。

Pa281251_1_1 Brassica rapa `みふね´

暖地なので10月に入ってから種を蒔きます。

今年は「小カブ`みふね´」を作ります。

寒さに強く、柔らかく葉も美味しい品種ということです。

写真は密に種を播き過ぎた状態です、発芽率が良いので

3㎝間隔ぐらいが理想です。

間引き菜も食べるので問題はありません。

防虫ネットを被せて、できるだけ無農薬で育てます。

家庭菜園は「食」の防災という意味でも重要です。

特に都市部や市街地では流通が止まると、すぐに食べ物が

無くなりますから。

「蕪(かぶ)」は中央アジアやヨーロッパが原産で

日本には中国を経由して8世紀までに渡来しています。

奈良時代か平安時代です。

春の七草の一つ「菘(すずな)」。

ビタミンCや葉にはβカロチンを豊富に含み、全草を刻んで

入れる七草粥は栄養豊富な健康食です。

アミラーゼも含むので米やお餅の消化に適しています。

 

« チランジアに肥料は必要? | トップページ | マスチック・タイム »

野菜 vegetables」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チランジアに肥料は必要? | トップページ | マスチック・タイム »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック