無料ブログはココログ

« Tillandsia crocata 花 | トップページ | ヒュウガトウキの種子を採取する。 »

2021年10月 3日 (日)

お米が稔りました。

Pa031164_1_1 Oryza sativa subsp. japonica

稲の稔です。

使い古した園芸用土の再生のために、プランターで田んぼを作っています。

使い古しの用土も一度水田にすることで清潔な用土になります。

水田にする利点は4つで、

・好気性の病原菌が死滅する。

・センチュウを含め、用土の中の害虫が死滅する。

・不必要な肥料分などをイネが吸収してくれる。

・植物の根など、用土に残った植物のゴミが分解される。

稲を収穫した後の用土は冬の寒風に晒して乾かし、土の再生材を混ぜて

園芸用土として再利用します。

野菜などの連作障害の対策にもなると思います。

 庭にヒガンバナも咲いていて、この時期になると小さな田園風景が

出来上がります。

 

« Tillandsia crocata 花 | トップページ | ヒュウガトウキの種子を採取する。 »

野菜 vegetables」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Tillandsia crocata 花 | トップページ | ヒュウガトウキの種子を採取する。 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック