無料ブログはココログ

« エンセファラルトスの葉を切る弊害③ | トップページ | Tillandsia brachyphylla »

2022年7月18日 (月)

Pinus maximartinezii 実生8年目

P7171829_4_1 Pinus maximartinezii

2014年に種を蒔いたマキシマルティネッツイ松(マルチネス

ピニョン松)です。

実生8年目の株。

樹高は約100㎝。

この株は、まだ全ての葉が初生葉のままです。

P7171831_5_1 Pinus maximartinezii

↑の株は樹高は約125㎝。

この株は尋常葉(成木の葉)が出てきています。

ここから成長スピードが上がるので、新芽を途中で折り取る

(みどり摘み,盆栽の技術を応用)を行いコンパクトに

仕立てようと思います。

地植え出来る場所があれば大きくしたいのですが、鉢植えなので

制約があります。

P7171832_6_1 Pinus maximartinezii

新芽の様子。

1年に20㎝ぐらいは成長しそうです。

この新芽を黒松や赤松のように根元から切ってしまうと、

また新芽が出てくるかどうかわからないので、五葉松と

同じように葉のある所(新芽の半分ぐらいの長さの所)で

切ってみようと思います。

P7171833_7_1 Pinus maximartinezii

尋常葉の様子。

五葉松で、緑色と灰青色の葉です。

この株は去年から尋常葉が出ています。

« エンセファラルトスの葉を切る弊害③ | トップページ | Tillandsia brachyphylla »

園芸 horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エンセファラルトスの葉を切る弊害③ | トップページ | Tillandsia brachyphylla »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック