無料ブログはココログ

« 仙女盃の美しい季節。 | トップページ | Tillandsia ionantha var. maxima »

2023年3月29日 (水)

ギンゴケを撒きゴケ法で育ててみた。

P1262112_2_1 Bryum argenteum

ギンゴケが上手く育たないので、ほぐして播きゴケを試しました。

写真は1月26日の様子。

ギンゴケが育たない原因は用土との密着にあると考えました。

張りゴケの方法だと乾燥すると苔の塊が丸まり、はがれてしまい

より乾燥しやすくなってしまいます。

P1272116_3_1 Bryum argenteum

苔をほぐして広げた後、水遣りをして、細かい土(砂)で軽く

覆土します。

ギンゴケは屋外でないと育ちません。

テラリウムでは難しいです。

適度に日光を好むので日陰での栽培は無理です(西日は避けます)。

多湿に弱く、風通しが悪いとカビが生えて枯れます。

P3292205_1_1 Bryum argenteum

約2ヶ月後の3月29日の様子です。

順調に生えてきました。

P3292206_2_1 Bryum argenteum

もう少し密に播きゴケをする方が回復が早いです。

しっかりとマット状の苔になるには半年以上かかります。

« 仙女盃の美しい季節。 | トップページ | Tillandsia ionantha var. maxima »

苔 moss」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仙女盃の美しい季節。 | トップページ | Tillandsia ionantha var. maxima »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック