無料ブログはココログ

« シロバナムシヨケギク | トップページ | Iris paradoxa の開花。 »

2023年4月30日 (日)

シスタス `スノーホワイト´

P4282292_2_1 Cistus ‘Snow White’

シスタス`スノーホワイト´の花。

花径は約5㎝です。

花は1日で散ってしまいますが、次々と咲かせます。

P4282291_1_1 Cistus ‘Snow White’

枝先に蕾が何個かまとめてつきます。

シスタスは地中海性気候の様な環境を好みます。

日当たりが良く、水はけの良い場所に植えます。

P5012304_4_1 Cistus `Snow White´

枝先に集まる蕾の様子。

苞葉が特徴的です。

« シロバナムシヨケギク | トップページ | Iris paradoxa の開花。 »

ハーブ herb」カテゴリの記事

コメント

オールドローズの様で可憐なお花ですね!でも一日で散るとは残念。
沙羅双樹みたいですね

昨日の「アブラムシ祭り」、ウケました(^^)
ほんとに、アブラムシが団子になっているのを見るほどホラーな事はないですよね(>_<)

みい様 コメントをありがとうございます。

シスタスは一日花なのが残念ですが、人間との歴史が長い花です。
日本の湿度の高い景観の中では、いま一つ魅力が引き出せません。
 アブラムシは甘い匂いに引き寄せられるのでしょうか。
現在はリンゴの木にアブラムシがついていて退治を計画中です。
今年はまだテントウムシを見ていません。
園芸は好きですが害虫は嫌です。

リンゴも虫が凄いと聞きましたが バラなどは初めから諦めて虫除け薬を多く使うのでしょうか

センテッドゼラニウムの何が好きかと言うと、一番は虫の心配が要らない所です^ ^
四季咲きでないのが残念ですが。
お庭があって地植えに出来るなら
もっと沢山の種類を育てたいところです

みい様 コメントをありがとうございます。

リンゴについたアブラムシは雨が降ったりすると流されて居なくなる場合があります。
小さく育てているのでスプレータイプの農薬でピンポイントで退治しています。
バラの害虫にはうんざりしています。オルトラン粒剤などを地面に撒いて対応して
います。
 センテッドゼラニウムは耐寒性が比較的弱いのと多湿に弱いので敬遠していますが、
害虫が少ないのは大きなメリットですね。
葉の香りも色々で花もかわいいですし。
今日、庭でナナホシテントウを一頭見つけました、救世主です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シロバナムシヨケギク | トップページ | Iris paradoxa の開花。 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック