無料ブログはココログ

« 枝豆で究極の一杯を。 | トップページ | Encephalartos horridus の今年の葉はたぶん出ない。 »

2023年7月23日 (日)

梅干しの天日干し(土用干し)。

P7222599_1_1 Dry in the Sun ,Umeboshi (Japanese pickled plums)

塩分約20%の梅干しを天日で干しました。

6月中旬に1㎏の熟し梅を買って200gの塩をして1.5升の甕に入れ、

重しをして漬けていたものです。

梅雨明けからの土用の間は晴天に恵まれることが多いので、

この時期に干します。

食感や味の向上のほか、日光の紫外線による殺菌で保存性が

高まります(梅酢も干します)。

写真の梅干しは「白干梅(赤紫蘇を使わない)」です。

無農薬の梅を使ったので、無農薬の赤紫蘇が手に入りません

でした(赤シソは自分で栽培するしかないです)。

写真の梅干しの量で1㎏です。

1㎏だと30㎝×25㎝の揚げ物用のトレー(網付き)で干せます。

1日に一回裏返し、夕方に梅酢の中に戻します。

できれば3日連続で天日に干します、2日目は梅酢に戻さず

夜も干したままで夜露に当てると皮が柔らかくなるそうです。

3年寝かせると最高の梅干しになります。

塩分20%の梅干しは10年間保存して食べることが出来ます。

P7242602_1_1  Umeboshi(Japanese pickled plums)

表面に結晶化した塩がキラキラと光ります。

« 枝豆で究極の一杯を。 | トップページ | Encephalartos horridus の今年の葉はたぶん出ない。 »

園芸 horticulture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 枝豆で究極の一杯を。 | トップページ | Encephalartos horridus の今年の葉はたぶん出ない。 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック