無料ブログはココログ

« LEDライト キノコ ランプ | トップページ | 枯らしたチランジア。 »

2023年9月27日 (水)

Encephalartos horridus の 新芽。

P9262745_1_1 Encephalartos horridus new leaves

この抱き合った毛虫のようなものがエンセファラルトス・ホリダスの

新しい葉です。

新芽が出始めて5日間で4㎝ほどの大きさに成長します。

P9262746_2_1 Encephalartos horridus new leaves

新芽を上から見た様子。

種小名の「horridus」(horrida はラテン語で‘棘だらけ’の意味)

が現すように新芽も棘だらけです。

この時点では、まだ棘は柔らかく痛くないです。

成葉になると葉の一部が変化した棘は固くなり、触れると突き

刺さります。

P9272747_3_1 Encephalartos horridus new leaves

3枚ぐらいの葉が確認できます。

エンセファラルトス・ホリダスの葉は7年間ぐらいは健全に

光合成をしてくれるので、葉が多い方が地上茎の太りが

早くなります。

葉は完全に枯れるまでは絶対に切りません。

P9272748_4_1 Encephalartos horridus new leaves

新しい葉が出てくる前に古い葉が後退して、新芽のスペースを

開けます。

地上茎を覆う葉の無い鱗片は何なのでしょうか。

先端には葉の原型のような痕跡があります。

その時々の状況で、葉に成長させるものと鱗片だけにするものが

分かれているようです。

 

 

« LEDライト キノコ ランプ | トップページ | 枯らしたチランジア。 »

ソテツ類 Cycadaceae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« LEDライト キノコ ランプ | トップページ | 枯らしたチランジア。 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック